大学病院の話

大学病院のお給料事情③

  1. HOME >
  2. 大学病院の話 >

大学病院のお給料事情③

さて、前回から引き続き、いよいよ大学病院のお給料事情ですが、とっても複雑です。

なぜなら、いろんな職種の先生がいて、さらに、元々非常にお給料が少ないので、副収入の手段が考えられているからです。

 

まず、初期研修医(医学部卒業後の2年間)。

普通の病院の研修医は、厚生労働省の方針により、月々30万円程度が目標になっています。

国公立の大学病院では、なんと、月給が20万円弱でボーナスもないとのことです。。

しかも、私立の大学病院では、15万円前後だったり、中には数万円というところもあったそうです
(さすがに数万円のところは叩かれて是正されたようです)

 

 

次に、後期研修医(医学部卒業後3-5年)

いよいよ外科、内科、皮膚科、眼科など、専門診療科を選んで専門の勉強をスタートするころです。この頃になると、それなりに重要な判断が可能となるので、一人前に近い先生もちらほらいます。

 

そして年収は・・・

 

普通の病院では、年収が600万円くらいから始まり、卒業後5年目になると800-1000万円くらい貰えるところが多いようです。

 

一方大学では・・・

 

なんと、400-500万円くらいです(当直・残業代込み)。

 

しかも私立大学病院では、月々3万円とか10万円など破格のお給料を提示されるところもあります(@o@)。

 

若干貧しいような印象を受けますが、大丈夫です。なぜなら・・・

 

アルバイトが出来るから!

 

アルバイトにはリスクを伴うけれど非常に高価な案件から、誰でも出来る安価な仕事まで幅広くあります。

週末のお休みをアルバイトに使えば、年収は+500万円くらいになり、一般の病院とあまり変わらなくなり、アルバイト三昧の生活をすると、非常に貯金がたまります!

 

というわけで、3年目以降は大学病院勤務でも時々お金持ちの若者がいます^^;

 

ここで終わらないのが大学病院の大きな特徴です! 大学病院には、医学部の先生(いわゆる教員)が存在するからです。

というわけで、いよいよ次回は医学部の先生のお給料に迫ります!

 

 

良かったらクリックをお願いします
amp;人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

google

人気記事ランキング

-大学病院の話

Copyright© 大学の医師による楽しい日々を目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。