コロナ流行中の外来診療

コロナ流行中の外病院での外来

こんにちは。いよいよ関東圏での非常事態宣言も解除の見通しが立ちつつありますね。。
もう一息、がんばりましょう!

 

 

さて、先日は、大学近くの小さい病院に外来に行きました。

 

大学病院は非常にお給料が少ないので、週に1-2回ほど外の病院で外来を行い生活費を稼がなければいけません(@o@)。。。

 

(ちなみに、おまり報道はされていませんが、コロナウィルスの影響で、首都圏内の複数の大学病院では外の病院での勤務を禁止され、生活が苦しくなった先生方もかなりいらっしゃるようです・・・。恐るべしコロナウィルス。。)

 

通常であれば、半日で10-20人位の患者さんが比較的軽い症状で受診されるのですが、先日はなんとかかりつけの方3名、初めての方1名と、これまでに無いくらい非常にすいていました。

 

コロナが流行してからは、国が不要不急の受診を抑えるように通達を出しているので多くの方が不要不急の受診を遠慮してくれていること、病院自体が感染の温床になっていることが周知されてきたこと、が大きな理由だと思います。

思い返すと、確かにちょっとした熱やだるさで受診される患者さんがかなり多かったような・・・

 

久しぶりに、のんびりとした外来となり、かなり休むことができて非常にありがたかったのですが、逆にこの状況だと町の病院の経営がとっても心配です。。

町の診療所の先生は、このような軽い症状の患者さんを中心に診て、重傷者を引っ張り挙げて大きな病院に送るのが重要な役割なので、このような状況下では経営が心配ですね。

 

そうは言っても、コロナは確実に収束に向かってますので、もうすこしの辛抱です。
みなさんもなるべく病院には近づかないようにしてください!

良かったらクリックをお願いします
&人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

google

-コロナ流行中の外来診療

Copyright© 大学の医師による楽しい日々を目指すブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。