コロナ流行中の外来診療 未分類

コロナ流行中のお医者さんのアルバイト事情①

コロナ感染拡大とお医者さんのアルバイト事情

最近はかなり身近なところでコロナの感染者(殆ど軽症です)が多発していて、報道されている以上の感染拡大を実感している毎日です。

さて、以前の記事に書きましたが、お医者さん(特に大学病院の勤務医)はお給料が少ないので、生活費を稼ぐ為にアルバイトをしなければいけないことが多くあります。(よく知りたい方はこちら:大学病院のお給料事情①

なんと、コロナの影響がこのアルバイトを直撃しています。。今回はそんなお話です

 

病院経営の悪化により外来のアルバイトが激減

 

当然といえば当然ですが、コロナの流行に伴い外来を受診する患者さんが減少しています。しかも、緊急事態宣言がでると、マスコミ等で「不要不急の受診を控えましょう」とアナウンスしてくれるせいか、患者さんの受診がぴたっと止まります。

 

大学病院では多少減るくらいですが、中規模以下の病院では激減します。従って、慢性的な混雑をしている大学病院で働いているとかなり有り難いですし、アルバイトにいっている小さい病院でも殆ど患者さんが来なくなるため、ゆっくり休めるようになります(笑)

 

しかし、働かないでお給料がでるようなうまい話はなく、長期的に患者さんが来なければ病院経営が傾いてしまうので、病院の事務は人件費削減を検討しはじめています。実際に、僕がアルバイト(外勤)に行っている病院では3人で外来をやっていましたが、なんと、突然1人の先生がリストラされて2人体制になってしまいました・・・。

 

 

ちなみに、2人体制になっても、かなり暇な時間が多いのですが・・・(^^;)

 

 

色々な先生の話を聞いてみると、多くの病院で人員の削減や外来の縮小が行われているようですし、クリニック(開業医)はさらに状況が酷いらしく、経営が立ち行かなくなりつつあるところもちらほら出てきているようで、これまで手伝いに人を出して欲しいとお願いがきていましたが、最近は皆無です。

 

 

 

アルバイト求人が激減

お医者さんのアルバイト業界にも普通のアルバイト業界と同様に、M3などの医師向け情報サイトなどでWEB求人広告が掲載されていて、希望のアルバイトを検索することが出来ます。スポットとして1日だけのものもありますし、週1回の定期アルバイトなどもあって、この辺は普通のアルバイト検索と同様です。

 

コロナ感染前までは、求人がたくさんある一方で、求人に対して応募する先生が極めて少なく、時間がある先生はこのようなサイトでアルバイトを見つけていくらでも収入を上げることが出来ました。

 

しかし・・・コロナの感染拡大に伴い、このアルバイト求人が激減し、殆ど「0」になってしまっています。完全に無くなる事はないのですが、この業界にもブラックアルバイトは存在するようで、怪しげな求人広告だけは残存しています・・・(笑)。

 

どこかの病院で常勤(正社員)として働き、空いた時間でアルバイトをしている先生は少し収入が減るだけでそこまでの影響はないのですが、実はこの業界でもアルバイトしかしていない「フリーター医師」が存在します。。

 

コロナ禍でもっとも影響を受けているとも噂されるのがこのフリーター医師と言われる人たちです。

(続く)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。励みになりますので、良かったらクリックをお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

;人気ブログランキングへ

 

google

-コロナ流行中の外来診療, 未分類
-, , , , ,

Copyright© 大学の医師による楽しい日々を目指すブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。